Glossary

病院内での役割

インターン
1年目のレジデントをインターンといいます。1年目と2年目以降のレジデントの役割が異なるため、1年目はインターンと呼ばれるのだと思います。インターンは患者のケアに関しては最前線となり、検査のオーダー、検査結果のフォロー、アテンデイングとの連絡、家族への説明、カルテの記載を行います。

レジデント
研修医の事ですが、病院内では2年目以降の研修医をレジデントといいます。レジデントは研修プログラム内での医療行為が認められているので、つねにアテンデイングドクターの監督のもとで働くことになり、研修を終えるまでは開業はできません。実際に病院内の患者のケアを主に行い、院内で当直しているのはレジデント達ですが、最終責任はアテンデイングドクターにあります。レジデントはインターンの仕事を監督し、教育し、適切なアドバイスを与えます。レジデント1人とインターン2-3人のチームとなるので、レジデントが担当する患者は倍以上となります。

フェロー
専門研修医をフェローといいます。アメリカでは一般研修を終えてから専門研修に進むため、たとえば内科系では、循環器や消化器のフェローは一般内科を終えて、内科認定医を持っています。この時点では一般内科医としては独立して働けるのですが、循環器専門医として働くためには決められた研修であるfellowshipを終了する事が必要になります。病棟で主に患者のケアを行うのはレジデントなので、病棟での担当患者はなく、専門に関してコンサルトとしてフォローしていくことになります。また、専門の検査、手技を学びます。

アテンデイング

研修を終え、認定を持ち、独立して働いているドクターのことをいいます。アメリカでは開業していても、自分の患者が入院した場合には、その病院内での主治医となるので、病院勤務のみ、外来のみのドクターは少ないといえるでしょう。病院内ではレジデントが主に患者のケアを行うため、アテンデイングは治療方針を決め、患者や家族と話をして、最終責任を取ることになります。開業していてもレジデンシーのある病院と契約していると、常に研修医と働くことになるため、よく勉強しているドクターが多いと思います。

Device

ペースメーカー
心臓の拍動数を必要に応じて増やす事ができない人に適応となる、埋め込み式の機械。心房と心室にワイヤーを埋め込み、電池と本体が左胸に埋め込まれることが多い。

AICD (Automatic implantable cardioverter defibrillator)
心臓突然死のリスクの高い人に対する治療で、埋め込み式の除細動器。致死的な不整脈を感知して、電気ショックを与える。アメリカでは年々この治療の対象となる人が増加してきており、AICDを見ることはまれではない。

Biventricular pacemaker = CRT (cardiac resynchronization therapy)
重症心不全の治療の1つ。従来のペースメーカーは、本来の心室の収縮とは異なる場所から発生するため、弊害もあると考えられてきたが、Biventricular pacingは心室の2ヵ所を同時に刺激することで、本来の収縮に近いものとし、心機能を改善させることができる。

アメリカの保険

サービス患者

病院により、保険のない患者を受けるところや、民間保険の患者のみしか入院させない病院などさまざまです。私の病院では保険のない患者を入院させるので、民間保険がなく、かかりつけ医のいない患者をサービス患者と呼びます。

プライベート患者
サービス患者に対して、民間保険を持ち、かかりつけ医がいる患者をプライベート患者と呼びます。かかりつけ医が契約している病院では、そのままかかりつけ医が主治医となるので、プライベートの患者に関しては、レジデント達は常に、プライベートアテンデイングと相談しながら、検査、治療をしていくこととなります。

ホスピタリスト
病院に雇われ、病院内のかかりつけのいない患者の主治医となるアテンデイングをいいます。プライベートアテンデイングとは違い、病院内のみで働くため、自分の患者を持っているわけではなく、入院中に限って主治医となることとなります。

メデイケア(Medicare)
高齢者に対する政府の保険です。病院内の検査や治療に関しては比較的何でもカバーされるため、かかりつけのアテンデイングがいることがほとんどです。

メデイケイド(Medicaid)
低所得者のための政府の保険です。病院はMedicaidを決められた割合で見ることで、政府から補助金をもらっています。
アメリカでは集中治療室ICU (Intensive Care Unit)も専門化しています。

ICU

CCU (Coronary Care Unit) : 循環器ICU
MICU (Medical Intensive Care Unit) : 内科のICU
SICU (Surgical Intensvie Care Unit) : 外科のICU
CSICU (Cardiac Surgery Intensive Care Unit) : 胸部外科のICU
PICU (Pediatric Intensive Care Unit) : 小児ICU
NICU (Neonatal Intensive Care Unit) : 新生児ICU

New York Cityとその近郊

New York State(州)の中にあるNew York City(市)には5つの地区(borough)があります。

Manhattan : いわゆる「ニューヨーク」で、Cityというとマンハッタンを意味します。

Brooklyn : マンハッタンの東に位置するブルックリンは住宅地です。一昔は治安が悪かったのですが、最近では一部は高級住宅街となっており、洒落たレストランなども増えてきています。

Queens : マンハッタンの東に位置するクイーンズは、いろいろな人種が固まって住んでいる場所があることでも有名です。Flushingには大きなチャイナタウンとそこに隣接したコレアンタウンがあり、多くのアジア人が住んでいます。Metsの球場はクイーンズです。

Bronx : マンハッタンの北に位置するブロンクスはやや治安が不安な部分でもあります。ブロンクス動物園やヤンキース球場が有名です。

Staten Island : マンハッタンの南に位置する島です。住宅街です。

5 boroughの郊外
Westchester : New York County(郡)の北に位置する郡ですが、中~高所得層の住宅地です。Westchesterにはハリウッドに続く平均所得の街もあります。

Long Island : クイーンズ、ブルックリンの東に位置するNassau郡の事で、これも住宅地です。長細い半島なので、ビーチも多くあります。

Comments are closed.