Monthly Archives: April 2015

ハーフマラソンを走ってみました

心臓病の予防のためには適度な運動と食事が大切です。私の今年の目標の1つは健康のためもっと運動する事。若い頃は運動は得意な方だったのですが、仕事を始めてからはなかなか定期的に運動する時間がありません。そんな中、今年はマラソンランナーの友達のアンに誘われてハーフマラソン(13マイル)に挑戦する事にしました。 最近はブームなのか、それとも私の年がそろそろまた運動しようという年なのか、周りでもランニングをする人が多く、ニューヨークではシーズン中は毎週のようにハーフマラソンや10キロや5キロランのイベントが行われています。もともと5月に開催されるブルックリンハーフマラソンに登録しようと思っていたのですが、人気があるようで登録が半日で締め切られてしまい、結局4月にセントラルパークで行われるハーフマラソンに登録しました。

Posted in Journal | Leave a comment

インターベンションのフェローシップ

ある金曜日の夜、循環器フェローのナビードから電話にメッセージが入りました。「インターベンションに進む事に決めました!」。2度目の心臓カテーテル室のローテーションの最終日、彼は進路を決めたようです。アメリカでは循環器の中でもさらに専門化しているので、循環器フェローシップ(専門研修)を終えた後で、さらなるフェローシップに進む人も少なくありません。フェローの教育に関わっている身としては、フェローが自分の専門であるインターベンションを選択してくれるのはやはりうれしいものです。 循環器フェローシップのさらなる専門フェローシップには、インターベンション、不整脈(EPS)、心不全、イメージングなどがあります。私の専門であるインターベンションは最近また人気があがってきているようです。私がフェローの頃に不整脈が人気になってきているという記事を書いた事を覚えているのですが、最近では不整脈専門医のポジションを獲得するのがかなり難しく、少し下火になっています。私の病院ではここ数年は、フェローの半数以上がインターベンション志望です。

Posted in Cardiology | Leave a comment