Monthly Archives: July 2011

循環器アテンデイング病棟

New Yorkも最近は蒸し暑い日が続いています。今週末はなでしこジャパンの素晴らしい試合に盛り上がり、今日は病院で多くの同僚達から祝福されました。日本の地震を心配してくれた人も多く、「日本に負けるならオッケー」と言っている人も多かったのが印象的でした。さて、病院で新しい年度が始まって半月が経ちましたが、私は今年も7月は循環器アテンデイング病棟を担当しています。 アメリカの教育病院では、基本的に病棟にはレジデントのチームが、アテンデイングドクター(指導医)のもとで患者管理の第一線に立つものなのですが、入院の多い循環器科では去年からレジデントなしで、ナースプラクテイショナーが患者の管理を行うACS(attending cardiologist service)病棟を始めました。ペーパーワークに追われて忙しいレジデントの負担を軽くしたいという内科からの要望と、効率よく患者を退院させたいという病院側の要望により始まったこの病棟も、フル活動となってそろそろ1年が経とうとしています。

Posted in Cardiology | 4 Comments