Monthly Archives: January 2011

バースデーウイーク

先週私は三十X歳の誕生日を迎え、また1つ年を取りました。私の働くカテ室にはスタッフは総勢40人ほどいるのですが、家族のような雰囲気もあり、誕生日は毎年お祝いしてくれています。アメリカのドラマでよく本人には内緒でケーキを準備して、サプライズ!などいうシーンがありますが、そんな感じの事が日常的に行われています。カテ室のメインのスタッフの誕生日を祝っていくと、月に数回のお祝い(&ケーキ)タイムがある事になります。 今年は私も恒例になってきて予想できるだけに、照れくさいしお祝いはなしにしてくれないかな、と思いながら迎えた誕生日でしたが、3時ごろになって仲良しのNurse practitionerのキャスリーンから携帯に「ラウンジに来て」とメッセージが入りました。とりあえず「いや、パスしておく」と冗談でメールをしたところ、直接キャスリーンがオフィスにやってきてラウンジに連れて行かれました。ボスや同僚、ナースや技師さん達などみなでHappy Birthdayを歌ってくれてケーキカット。照れくさいですが、やっぱりうれしいものです。

Posted in Journal | 2 Comments

最近の話題:心房細動

雪の多い今年のNYからです。今週も大雪の予報でしたが、大した事はなく、雪の降った次の日は街が白一色でなかなか味があります。 先日のGrand roundsは心房細動の最近の治療についてでした。最もよくある不整脈の1つである心房細動の治療は心拍数のコントロール、リズムのコントロール、そして脳梗塞の予防である抗凝固療法が3本柱とはレジデントの時に習いましたが、それぞれの分野で新しいデータが出てきて、方針も少しずつ変わってきています。ここ数年で新しいアプローチも登場し、つい先日、ACC/AHAのガイドラインもアップデートされました。最近の心房細動の治療の中でも興味深いポイントをあげたいと思います。

Posted in Cardiology | 2 Comments

謹賀新年と年末旅行

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 私はこの週末は緊急カテのオンコール。今のところ落ち着いているので、年越しは家で紅白を見ながら迎えました。アメリカの正月は味気ないもので1月2日には普通の日になるのですが、今年は週末に当たっているので少しのんびりできます。元旦は友達を招いてうちでブランチをする予定です。 さて、この年末はクリスマスの翌日から数日休みを取ってラスベガスへの年末旅行にでかけました。いつも集まっていた友達家族がラスベガスに引っ越したので、NYにいる3家族で一緒に遊びに行く事にしました。今回の旅ではラスベガスのメイン通りから車で20分の郊外に住む産婦人科医の友達の家に泊めてもらい、3人のベイビーを含めた4家族でにぎやかに過ごしました。

Posted in Journal | 2 Comments