Monthly Archives: May 2010

アメリカのキッズ文化

アメリカ生活も長くなりアメリカ文化にも少しずつ慣れてきましたが、育児を始めてからは、また全く知らないアメリカ文化に出会うようになりました。生後1か月のころからMr.Bが娘に歌っていた”Itsy Bitsy Spider”という曲を友達が彼女の娘に歌っていて、子供の定番なんだという事に気付いたりしていたものです。 先日担当したCCU(循環器集中治療室)チームには日本人レジデントがいたのですが、こんな事がありました。 日本人レジデント:「次の患者はDr.Seuss、84歳の男性で、、、。」 私:「Dr.Seuss? ドクターなの?」 日本人レジデント:「はい、そのようです。」

Posted in Culture Shock | 6 Comments

SCAI@サンデイエゴ

今週はサンデイエゴで開催されたSCAI(アメリカのインターベンション学会)に参加してきました。カリフォルニアの南端、太陽のふりそそぐサンデイエゴまではNYから飛行機で6時間。今回はポスター発表を2つ持って後輩フェローと一緒に参加、娘は母にまかせてMr.Bも一緒に旅行しました。   SCAIの学会へは初参加だったのですが、他の学会に比べて国際色は少ないものの、規模も適度でレクチャーのレベルもまずまず、症例が多く、なかなか楽しめました。最近は循環器最大の学会であるACCなどに比べて、このような専門のカンファレンスの方がテーマも絞られて内容は充実しているように思われます。泊っているホテルで行われるのも便利でよいものです。早めに帰ってきたので2日間でしたが、興味のあるBifurcationやCTOに加え、おもしろい症例や他の人のポスター発表など、興味深く見てきました。

Posted in Cardiology | 2 Comments