Monthly Archives: February 2009

今年のオスカー

すっかり忘れていましたが、テレビをつけると今晩はアカデミー授賞式で盛り上がっていました。今年のアカデミーは予想通り「スラムドックミリオネア」が圧倒的で、最優秀作品を始めとするオスカー8賞を受賞しました。そして何と日本から「おくりびと」が外国映画賞を受賞しました! “Slumdog Millionaire“はアメリカ作品となるようですが、監督はイギリス人のDanny Boyle、舞台はインド、そしてほとんどのスタッフはインド人です。ムンバイのスラム出身の青年がミリオネアというクイズ番組で勝ち続ける中、彼のそれまでの生きてきた道が描かれるのですが、映画のテンポ、シネマトグラフィー、音楽が素晴らしくて、ぐっと引き込まれたまま終わりまで見てしまいます。私の周りの多くのインド人の友達も大絶賛していました。

Posted in Life In New York | 4 Comments

心筋梗塞とショック

循環器フェローシップには毎日朝と昼に教育カンファレンスがありますが、循環器インターベンショングループでも週に1度、教育カンファレンスを行っています。金曜日の朝は7時からフェローがインターベンションのトピックについてまとめたり、journal clubで最新の論文を議論したりしています。去年私がフェローだった時には2人で交替で担当していたのですが、毎日朝から晩までカテ室にいると準備もなかなか大変なため、今年からは若手アテンデイング(私と同期のマイクですが)も時々担当する事にしました。 今回は私の担当だったのですが、先週、急性心筋梗塞で右室梗塞を合併してショックになった難しい症例があったので、「心原性ショック」についてのレクチャーを行う事にしました。「ショック」は医学用語では「末梢循環不全」という意味です。心臓不全や重症の感染症、急性の出血などいろいろな原因で起こり、全身に十分な血液を送れない状態で、血圧が保てずかなり重症な病態です。心筋梗塞では5-8%で合併し、死亡率は50%近くとなります。

Posted in Cardiology | 2 Comments

旧新年とスーパーボール

最近NYでも寒い日が続いています。この週末はお友達のglrさん達と一緒に久しぶりにチャイナタウンの飲茶(Dim Sum)に行ってきました。1月26日に旧正月を迎えたチャイナタウンはお祭りモード、この日はパレードもあったようで、いつも以上に多くの人でにぎわっていました。そう言えば去年、旧正月の2週間後に飲茶レストランに行った時には獅子舞がやってきてとてもにぎやかだったのを思い出しました。 今回もJing Fong Restaurantに行きましたが、席につくまでに1時間待ち、大宴会場のようなレストランはずっと満席でした。ジャスミンテイーを飲み、カートに点心を乗せてやってくるおばさんから好きな食べ物をいただくわけですが、相変わらずとてもおいしく満足しました。満腹になって外に出ると、道路はクラッカーの花吹雪で埋まっていました。アメリカでは許可されていない爆竹やクラッカーが特別に黙認されるこの時期のチャイナタウン、歩道で大きなクラッカーが売られ、みなが次々にクラッカーを鳴らしていました。せっかくなので私も1つ購入して、参加してみました。

Posted in Journal | 4 Comments