Monthly Archives: April 2008

アメリカで医者にかかる

先日、Mr.Bがセルフデイフェンス(自己防御)の特別クラスを受講中に前十字靭帯を断裂し、現在オペ待ちなのですが、その時の話です。最近医療崩壊が進んでいると言われる日本でも、患者としては日本のがやはり楽だなあ、と再確認しました。 けがをした当日は、夜間にとりあえず私の病院のER(救急救命室)へ行きました。私の病院のERは25床で常に満床ですが、軽症のMr.BはナースのトリアージでFast trackへ。Fast trackでは、主にPhysician assistant(PA)と呼ばれる医師のアシスタントをする専門職が患者を診ます。レントゲン、診察の後、膝の固定用具と松葉杖をもらって帰宅し、週末は膝を冷やして過ごしました。このようなER受診は基本的には保険でカバーされますが、後々にもめないためには、翌日に保険会社に電話して報告と確認をする事が必要です。

Posted in Topics In Medicine | 2 Comments