Monthly Archives: March 2005

米国に見る後期研修のあり方

同僚のDr.香坂によるアメリカfellowshipに関する記事です。とても参考になります。

Posted in Cardiology Fellowship | Leave a comment

Henry Rollinsトークショー

Mr.Bに誘われてHenry Rollinsのトークショーに行ってきました。実は4年前にも1度行った事があり、その時には全く楽しめなかったのですが、大ファンの友達に押されて、退屈を覚悟の上で行くことにしたのです。 ところが、ところが、今回はとても楽しめました。大笑いするところや、うーん、とうならされるところも数え切れず、Zipper theaterというこじんまりとした場末な劇場の雰囲気もいい感じで、満足して帰ってきました。

Posted in Journal | Leave a comment

Cardiology fellowshipの年間カリキュラム

Fellowshipは各分野をローテーションすることからなっています。病院によってカリキュラムは異なるのですが、ご参考までに私の病院の年間ローテーションを紹介します。私の病院では必須ローテーションは2年目までにまわるようになっており、3年目はほとんど選択ローテーションとなっています。

Posted in Cardiology Fellowship | 1 Comment

Cardiology fellowshipとは

アメリカの医学教育システムの中で、fellowshipとはresidencyの後に行う専門研修です。アメリカでは医学部を卒業後にresidencyを開始します。内科のresidencyは一般内科を3年間行います。トレーニング終了後は内科認定医として独立できるのですが、内科の中でたとえば循環器、消化器、感染症などの専門に行きたい場合はその後にfellowshipを行う事が必要となります。

Posted in Cardiology Fellowship | Leave a comment